学びやすいスタイルで医療事務の資格取得を目指しましょう

女の人

はり師ときゅう師の資格

鍼灸

鍼灸師とは、はり師ときゅう師の両方の国家資格を取得している人で、患者の体に直接触れて施術を行ないます。はり師ときゅう師は異なる資格ですが、施術を行なう際にはどちらも使用することが多いので、2つの資格を取得する人が増えているのです。はり師の場合、患者のツボや気になる症状のある箇所にはりを刺して、痛みなどを和らげます。細いはりを使用することかた、施術による痛みを感じることはありません。ツボを刺激することによって、老廃物を排出させたり痛みを解消させたりすることができるのです。はりを使用して施術を行なうはり師ですが、きゅう師の場合はもぐさを使用します。もぐさを燃やして施術を行なう箇所に置くことによって、血流の流れを改善することができるのです。温熱刺激を与えるきゅう師の仕事は、痛みを与えることなく治療をします。共通の技術が多く、セットで施術を行なうことから、どちらの資格も持つ人が多いのです。鍼灸師は、整形外科や病院などに就職することもできますが、自分で開業することも可能になります。しかし、鍼灸師の場合は国家資格が必要になることから、専門学校などに行きましょう。専門学校では、専門的なことを集中して学べるカリキュラムになっているため、短期間でも必要なスキルを身に付けられるのです。鍼灸師は、痛みを抑えた施術を行なうことが多く、ツボの位置や施術の仕方などをしっかりと習得する必要があります。鍼灸師を目指す人は、専門学校に行くと良いでしょう。